2018年6月アーカイブ

 本研究協議会は、東北で聴覚障がい教育・療育に携わる方々が、補聴器や人工内耳などの聴覚補償や聴覚を最大限に活用するための聴覚学習、聴力検査法など、多様な教育オーディオロジーに関する専門的な知識や技能を学ぶために、平成25年8月に設立されました。 今年度から会場を新たにし、東北福祉大学で、第6回研修会を開催することとなりました。 今回の研修会では、講演を2つ企画しました。1つ目は、秋田県立リハビリテーション・精神医療センター機能訓練部長の中澤操先生から御講演をいただきます。中澤先生は、秋田大学医学部卒業後、帝京大学医学部耳鼻咽頭科学教室に入局され、田中美郷先生に師事されました。その後、アメリカ合衆国カンサス州カンサスシティの大学院で小児言語評価法を学ばれました。御講演では、小児及び成人の人工内耳適応基準について詳しくお話をしていただきます。また、手話と人工内耳をどのように考えていったらよいのかを「ろうあ連盟の人工内耳に関する見解」などをもとにわかりやすくお話しいただける予定です。 2つ目は、前東北福祉大学教育学部教育学科教授兼大学院教育学研究科教授・専攻長であった菅井邦明先生から御講演いただきます。菅井先生は、東北大学でコミュニケーション障がい教育の研究に永年携わってこられると共に、東北大学大学院教育学研究科長、総長補佐、理事(研究・安全管理担当)兼副総長などを歴任されました。御講演では、『音声言語のききとりと話すまでの過程とその支援法~「げんこつ山のたぬきさん」からの提案~』のテーマで、コミュニケーション障がい教育に関するお話しはもちろん、聴覚障がい教育の今後の展望についてもお話いただけると思います。
 また、昨年度大変好評だった最新の補聴器に関して、今回も補聴器の各メーカーの方からお話を聞く時間を設けます。補聴器の指向性や騒音抑制、語音強化システム、防水など実際に体験しながら、最新技術について知って頂く良い機会となります。
 さらに、人工内耳のメーカーであるメドエル社の方から人工内耳の基本的な話から、新しい機能についての話もいただく予定です。
 現在、聴覚障がい教育・療育に、携わっている方だけでなく、聴覚障がい教育・療育を学ばれている学生など、『聴覚障がい』に興味・関心を持っている方にも参加していただき、それぞれの専門性の向上に役立てていただけたら幸いです。

1 期 日 平成30年8月10日(金)12:30~16:00
      ※ 総会 12:30~13:00(会員のみ)
             11日(土) 8:40~16:10
2 会 場 東北福祉大学ステーションキャンパス
      〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1-19-1
      (JR.仙山線「東北福祉大駅前」下車、徒歩0分)
3 主 催 東北教育オーディオロジー研究協議会
4 共 催 学校法人栴檀学園 東北福祉大学
5 後 援(予定)
宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、宮城県特別支援学校長会、宮城県特別支援 教育研究会、日本教育オーディオロジー研究会、一般社団法人 日本補聴器販売店協 会、東北地区聾学校長会

6 定 員 100名
定員を超えた場合は、東北教育オーディオロジー研究協議会会員を優先させていただきます。また、会員外の方は、先着順とさせていただきます。

7 参加費 会 員  両日 3,000円、一日のみ 2,000円
      会員外  両日 4,000円、一日のみ 3,000円
      (※ 学生の方は、会員、会員外を問わず無料)
8 弁当注文
1日目の食事は、研修会会場1階にある食堂(学食)を利用することができます。2日目(8月11日)の昼食ですが、事前注文数が50食以上(1食800円)であれば、臨時に営業していただくことになっております。できるだけ多くの方の注文があることを願っています。

9 研修会資料集
 会員等については、印刷所で製本した「研修会資料集」を大会初日に配布します。
 学生の方は、研修会1週間前には、本研究協議会HPにアップする予定ですので、各自、印刷して御持参願います。(※学生の方で、「研修会資料集」を希望する方は、申込書の資料希望の有無の欄に「○」をつけてください。実費500円でお譲りできます。)

10 参加申込み 申込締切:7月23日(月)
○ 申込書に必要事項を記入し、FAX又はメールにて申し込んで下さい。
○ 定員を超え受講不可のときのみ、7月30日(月)までにご連絡します。
○ 8月10日(金)17:30(予定)からステーションキャンパス内で、懇親会(参加費:5,000円)を予定しています。昼の研修と異なる"研修"もできると思いますので、ぜひ、参加してください。併せて申込書にご記入下さい。

11 その他
○駐車場はありませんので、できるだけ電車(仙山線:JR東北福祉大駅前下車)もしくは、市営バス(870系統、X870系統ほか)をご利用ください。
○仙山線で来られた場合は、ステーションキャンパス3階が入り口となっております。
○分科会等の研修会場は、研修当日に案内させていただきます。



このアーカイブについて

このページには、2018年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年8月です。

次のアーカイブは2019年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。